ソースワークショップ発見編&活用編(ベーシック・アドバンス)よくある質問 公認ソーストレーナー 青葉航
ソースワークショップ
ソースワークショップ2004年8月14日 ソースワークショップ2008年2月10日 ソースワークショップ2004年10月5日 ソースワークショップ2004年12月7日 ソースワークショップ沖縄2009年6月14日
起業コーチ青葉航 トップページ > ソースワークショップ発見編&活用編(ベーシック・アドバンス)よくある質問
【SOURCE ソース】
ソースワークショップ
ソース 活用編
ソースワークショップ

ソース公認アドバンストレーナー青葉航が「よくある質問」にお答えします。

ソース歴19年、受講者680名超、全国でも
ワークショップ開催回数トップクラスの
ベテラントレーナー青葉航が
「ソース」に関するご質問にお答えしています。


Q.そもそも「ソース(SOURCE)」とは何ですか?

「ソース(SOURCE)」とは、
日本語に訳すと「情報源」のこと。
プログラムの中では「高次の情報源」
という言い方もされています。

「本来のありのままの自分」を知るには
ワクワクする」感覚を頼りにすることが
自分
望む人生を手に入れる近道である、
と考えられています。



Q.「ソース(SOURCE)プログラムとは何ですか?

「ソースプログラム」は、
米国シアトル出身の教育者
マイク・マクマナス氏によって創られ、
日本においては出版社のVOICE社が
ライセンスを保有し、
本、セルフキット、ワークショップの
3つが提供されています。

ソース創始者 マイク・マクマナス ソース 本 ソース セルフキット ソースワークショップ


Q.「ソース(SOURCE)」の本はどこで買えますか?

ベストセラー書籍であり、全国の書店で買えます。
たまに店頭に無かったり、品切れの場合もあります。

ソース 〜あなたの人生の源はワクワクすることにある〜」
以下をクリックすると、
アマゾンにジャンプして入手できます。



Q.「ソース(SOURCE)」の本を読んでいないと
 ワークショップを受講できませんか?


よくある質問ですが、大丈夫です!
毎回、1〜2名は、本を読んでいない方が
いらっしゃいます。

じつは、もともと米国では、
テキストとしての単行本が出版されておらず、
4冊のワークブックがある形でした。

本を読むのが苦手な方でも、
ワークショップ受講後は
すんなりと内容が頭に入るので、ラクに
2〜3時間で読めてしまうようですよ。



Q.「ソースワークショップ」はどうしたら受講できますか?

VOICE社の主催による講座が
年間に数回、開催されています。

また全国で100名を超える
公認ソーストレーナーが
自主開催しています。

15名〜20名の比較的大人数で
にぎやかに受講されたい方は、
ソース本部主催のワークショップがオススメです。

1〜6名の少人数でゆったり受講されたい方は
各トレーナーによる自主開催の
ワークショップをオススメします。



Q.「公認ソーストレーナー」はどのように選んだらよいですか?

2日間または4日間という
貴重な時間を受講するわけで、
なるべく相性の合うトレーナーを
探されるとよいでしょう。

開催地が地元であるとか、
出身地や趣味、経歴などに共通点があったり、
文章などを読んで親しみを感じたり
する方がオススメです。

また多くのトレーナーは、
ソースのほかにいくつかの

専門性(セラピー、コーチング、ビジネス経験など)を
持っています。

プロフィールや経歴をよく見て、
プラスアルファのメリットを
感じられる方も良いでしょう。


いつから
トレーナーになったのか(経験)、

どのくらい
ワークショップを開催しているか(情熱)も、
トレーナー選びの基準となるでしょう。


Q.「ソースワークショップ」では何をするんですか?

ソースワークショップ発見編では、
あなたがワクワクする要素を
2日間いろいろな「問いかけ」を
通じて書き出していきます。

そして最終的に
ワクワクの地図
」「ソースの車輪
というシートを作成して、
目に見える形にします。

さらに、あなたの存在意義
と、
これからの行動計画についても
スッキリと整理します。



Q.後半の「活用編」では、何をするんですか?

ソースワークショップ活用編では、
前半2日間の発見編で明確にしたワクワクを
収入に結びつけたり、
パートナーや仲間を引き寄せることが
目標となります。

発見編と同じように、
2日間いろいろな「問いかけ」を
通じて書き出していきます。

あなたが望む
理想の状態、天職やライフワークに至るまでの
過渡期のソース」という考え方も
非常に重要です。

最終的に
収入の車輪」「パートナーの車輪
というシートを作成して、目に見える形にします。



Q.「ソースワークショップ」について、
 発見編と活用編を、同じ月に受講するのは大丈夫でしょうか?
 少し間に期間を空けた方が良いんでしょうか?

結論から申しますと、
間をあけなくて大丈夫です。

極端な話、4日連続
受講された方もいらっしゃいます。

その方はお仕事で海外に駐在されていて、
帰国された際に、東京で4日間受講されたのです。

お勤めの場合は、なかなか4日連続では
むずかしいかもしれませんが・・・

自営業で、地方にいらっしゃる場合は、
一気に受講された方が
旅費・宿泊費が節約できますよね。


Q.「ソースワークショップ」について、
2日間は連続で受講しないといけませんか?
仕事の関係で、毎週月曜が休みなのですが。

前半の発見編も、後半の活用編も、
1日目と2日目はそれぞれ
異なる分野を扱いますので、
2日連続でなくても大丈夫です。

お仕事の関係で、
1〜3週間、または1〜2ヶ月という形で
1日目と2日目の間隔をあけて
受講される方がいらっしゃいます。

ただし、
2日目を先に受講することはできません。
1日目→2日目という順番になります。




Copyright (c) 2004-2019 INSPIRE All Rights Reserved.